忍者ブログ
ゲーム二次創作ブログ。ポケモソ擬人化など。たまに脚本も。
〓 Admin 〓
<< 11   2017 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[64]  [63]  [62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

死にたい。
死にたい。
疎まれて生きるくらいなら、こんな命など要るものか。

母たる火山のはらわたを裂いて生まれた。
俺は災いたる存在。

白き人の子、お前は何故俺の前に現れた?

この声は咆哮。
まとうは灼熱。
あの世がごときおぞましい姿の前へ。

死にたい。
死にたい。
この体内にうごめくどす黒い凶暴な欲望を、止めることが出来ないなら。

白き人の子、かの祖が色を宿す娘よ。

穿て。
そして、壊せ。

雷のごとき矢の嵐で、いっそ俺を終わらせてくれ。

死にたい。
死にたい。
そう思いながら奪ってきた、この俺の存在の何と愚かしいこと!

壊したくて仕方がないのに、守りたくて仕方がないなどと。
こんな牙で、こんな炎で、一体何を守れるというのだ。

いっそこの矛盾した衝動さえなければよかった。

なれば俺はただの化け物でいられた!

神というものがいるなら、恨もう。
何故俺に感情を与えたもうた。

死にたい。
死にたい。
――――死にたい。

だのに、白き人の子よ。
お前は何故、涙するのだ。

涙を拭おうとするこの鼻先は、お前の頬を傷つけると言うのに。

白き人の子。
何故、泣いてくれるのだ。

その唇が声を紡ぐのを、待った。

「生きる理由はあっても、死ぬ理由なんかどこにもないじゃない」

鋼のような鱗に触れる、鎧を外した白い指。
温かな腕。

死にたい。
死にたい。

嘘だ。

「悔いるなら、生きなさい、ミラバルカン」

聞きたかったのはたった一言。
“生”というその言葉。

誰かに、言ってほしかった。

生きたい。
生きたい。
生きていたい。
浅ましい。

それでも。

――――何故だ。

――――蒼穹が眩しい。



+++叫び

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
瑠璃色
性別:
非公開
職業:
パートのおばちゃん
趣味:
演劇、絵描き
自己紹介:
演劇大好きパートのおばちゃん。
ポケモン、モンハン、ゴッドイーターなんかでゲームの二次創作。

pixiv
→http://www.pixiv.net/member.php?id=1352019
piapro
→http://piapro.jp/ruriiro_pinky
twitter
→ruri0operaism

別館夢ブログ
→http://dreamdreamer.side-story.net/
瑠璃色が描いた絵を置くところ(モンハン)
→http://ruriirogallery.hanamizake.com/
最新コメント
ブログ内検索
Copyright(c) 無人島オペラハウス All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]