忍者ブログ
ゲーム二次創作ブログ。ポケモソ擬人化など。たまに脚本も。
〓 Admin 〓
<< 11   2017 / 12   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31     01 >>
[70]  [69]  [68]  [67]  [66]  [65]  [64]  [63]  [62]  [61]  [60
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

――――音が遠い。

わずかに耳朶を打つのは、海流が渦を巻く音と気泡が弾ける音、そして自分の心臓がしつこく脈打っている音だけだ。
ああ、視界は全て、あお。

青。
蒼。
アオ――――…………。

やめよう、ゲシュタルト崩壊してきた。

見上げた水面は淡色の月光を反射して、きらきらと目に痛い。
全くの無重力世界。
握りしめた剣も、身に纏う鎧さえ、引力という鎖から放たれて浮上して、漂って。

きっと、死ぬときもこんな感覚に陥るんだ。

水の中というのは、いつも生きている世界とはあまりに違う。
環境も、移動の仕方も、呼吸の仕方も。

分からなくなって、ふと自分はもう死んでるんじゃあないかなんて、思う。

だって、こんなに。
何もなくて。
透明で。
冷たくて。
静かな世界、なんて。

このまま呼吸を忘れて、本当に死んでしまいそうだ。

……こんな静寂の中にいるから、魚は陸で生きていけないんだ。
どこにいても生き物の気配で溢れていて、暑くて眩しくて騒がしい陸でなんて。
命の息吹が灼熱をまとって、だから冷たさに慣れた魚は死んでしまうんだ。

――――……何でだろう、な。

無性に今、その熱が恋しくて仕方がないんだ。

自分が生きているのはあの世界だ。
とんでもなく無情で理不尽で、時にそこにいるのが嫌になるけれど。

自分が生きる世界は、あそこだ。

目を覚ませ。
武器を構えろ。
水面を破れ、息をしろ。

視界はどこまでも、あお。

見上げた先は空。

太陽にさらされて熱を取り戻した体が、ゆっくりと感覚を取り戻していく。
内で流れる赤の軌跡が、生きろ生きろと叫ぶなら。

睨み据えた先は、水獣。

海綿質のたてがみを獅子のごとく冠し、咆哮するのはロアルドロス。

そうだ。
生きたい、と。
望むのなら。

「戦おう、ロアルドロス」



【境界は越えた。後は】



お前を殺すだけだ。

拍手

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
プロフィール
HN:
瑠璃色
性別:
非公開
職業:
パートのおばちゃん
趣味:
演劇、絵描き
自己紹介:
演劇大好きパートのおばちゃん。
ポケモン、モンハン、ゴッドイーターなんかでゲームの二次創作。

pixiv
→http://www.pixiv.net/member.php?id=1352019
piapro
→http://piapro.jp/ruriiro_pinky
twitter
→ruri0operaism

別館夢ブログ
→http://dreamdreamer.side-story.net/
瑠璃色が描いた絵を置くところ(モンハン)
→http://ruriirogallery.hanamizake.com/
最新コメント
ブログ内検索
Copyright(c) 無人島オペラハウス All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]