忍者ブログ
ゲーム二次創作ブログ。ポケモソ擬人化など。たまに脚本も。
〓 Admin 〓
<< 08   2017 / 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30     10 >>
[30]  [29]  [28]  [27]  [26]  [25]  [24]  [23]  [22]  [21]  [20
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

彩都さんの妄想に便乗しきれないSS。

コハクさん、スエさん、フェルちゃん、ちょこっとタルフィさんとゼノさん?お借りしてます。

拍手



陰兎騎士団に入ってから初めて経験する大規模な戦闘だった。
見渡す限りの、敵。テキ。的。
鼻をつく火薬の臭いと、肌を刺す敵意戦意殺意。

何て、心地良いのだろう。

彼女は恍惚の息を吐いた。
戦場独特の緊張感に溶けてしまいそうだ。
赤が飛び交う様を想像しては頬を染め、人が自分の前に膝をつく様を思い描いては体を打ち震わせる。
快楽。
この心臓が轟く生を実感できる唯一の手段。

もっと欲しい。もっと戦いたい。もっと、もっと。
ここにいるすべての敵を倒したら、どれほど素敵な景色が出来上がるだろう!

「何てェ顔してやがる、ミリー」

呆れ混じりのコハクの声が、彼女を現実へと引き戻した。
はっと顔をあげ、20㎝上にある団長の顔を見ると、ミリーはおもむろに口元に手を当てた。

「涎でも垂れていたかしら」
「今にも垂れそうな顔してやがったから、そうなる前にと思ってな」
「あら、優しいのね」

くす、くす。
そう笑いながら、彼女の目はまた別の方向を見ている。

射抜くような、探るような、底の深いアイスブルーの瞳だ。
獲物を見つくろう狩猟者の目。
奈落に招き入れる女の魔性。

吹雪の魔女。
それは単に、彼女が氷魔法を得意とするからと名付けられたわけではない。

「そういえば、あっちは放っておいていいの?」

遠くを這う鋼の大蛇の重い足音を捉えて、ミリーはふと訪ねた。
予想通りの吐き出すような笑い声。
その答えを聞く前に、彼女は微笑んだ。

「しらねぇな」

てめぇは、と声をかけられ、首をかしげる。

「……聞くまでもねぇなァ。こっちをぶっ潰したあとあっちもぶっ潰そうって魂胆だろ」
「うふふ、さぁ、どうかしらね」
「言っとくが、オレより先に先陣切ろうたぁ思うんじゃねぇぞ。オレぁ団長なんだからな」
「あら、早い者勝ちよ」

そんな話をしていると、後ろからぱたぱたと軽い足音が聞こえた。
真っ白な姿をした少女。
フェルティルである。
その後ろにはスエと、彼の騎獣であるフィデルが立っていた。

フェルはふと立ち止まると、コハクとスエを交互にきょろきょろと見やった。
どうやらミリーに近づきたいのだが、コハクの存在とスエに気を使ってそう出来ないらしい。

団長に一瞬視線を送ると、ミリーはフェルの方へと歩み寄った。

「ミリー!」

ぱあ、と顔を明るめて、白く長い髪を揺らしてフェルが駆け寄ってきた。
つい反射で腕を広げそうになるのだが、思いとどまって、近くに来たフェルの頭を撫でる。

「フェル、気分はどう?」
「うう、あっちの方がうるさいから、嫌だな。ミリーは楽しそう?嬉しい?」
「うふふ、わくわくしてるのよ」
「……わくわくしている、というのはいささか不謹慎な気もしますが……」

そう真面目な調子で口を開いたのはスエだ。

任務のためにここにいるものの、やはり王都の騒ぎが気になるのだろう。
少し険しい表情でフィデルの頭を撫でている。

「あら、ごめんなさい。気をつけるわ。でもこれしか表現がなくって」
「……噂どおりですね」
「そんなに褒めないでちょうだい、うふふ」

褒めたわけではない、と言おうとしたスエの唇が開き、しかし何も言うことなく閉じた。
仮面をつける前の表情を見ていた。
凄絶にして妖艶、美しき殺意と麗しき闘志。
ああ、これが魔女の名かと。
――――理解した気がした。

「大丈夫よ、スエ」

仮面で少しくぐもった女声が、笑うような調子で言った。

「私がいるんだもの。すぐに終わるわ」

タルフィがコハクに駆け寄り、何かの紙を示しながら報告を始めた。
より高まっていく緊張。
ざわめく空気。
感じる重力が強くなって、押しつぶされそうな感覚に陥る。

魔女が笑う。

――――戦が、始まる。



To be continue?

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
瑠璃色
性別:
非公開
職業:
パートのおばちゃん
趣味:
演劇、絵描き
自己紹介:
演劇大好きパートのおばちゃん。
ポケモン、モンハン、ゴッドイーターなんかでゲームの二次創作。

pixiv
→http://www.pixiv.net/member.php?id=1352019
piapro
→http://piapro.jp/ruriiro_pinky
twitter
→ruri0operaism

別館夢ブログ
→http://dreamdreamer.side-story.net/
瑠璃色が描いた絵を置くところ(モンハン)
→http://ruriirogallery.hanamizake.com/
最新コメント
ブログ内検索
Copyright(c) 無人島オペラハウス All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* photo by 空色地図 * material by egg*station *Template by tsukika
忍者ブログ [PR]